6/26(水)『まちのデザイン室夜間部』20台女子が自分のまちについて想うことをひたすら語る会

『まちのデザイン室夜間部』玉川上水まちのデザイン室が5月7日にオープンして、まだ1か月も経っていませんが、その短い期間にも、たくさんの魅力的な方々に出会い、「もっとその人たちの話を聞いてみたい!」と思い、『まちのデザイン室夜間部』をスタートすることにしました。

『まちのデザイン室夜間部』は、自分らしい方法で「まち」に関わって活動や事業をされている方をお招きし、「どういう想い・考えで、まちで活動しているのか?」を語っていただくとともに、参加者のみなさんと一緒に「まちのこと」について語り合っていきたいと思います♬

記念すべき第1回目の語り手さんは、ヒガシヤマト未来大学・学長の岸 加奈子さんです。

岸さんは、大学生のときから『東京にしがわ大学』に関わり続け、2018年からは『ヒガシヤマト未来大学』の学長もされています。

「女性が地域に関わり始めるのは、子どもが出来てから」と言われる中、20代女子が、どうして地域と関わっているのか?そして自分のまちについて、どういう想いがあるのか??

岸さんの話を聞きながら、みんなで「自分のまちへの想い」を語り合ってみませんか??

【イベント詳細】

開催日時:2019年6月26日(水)19:00~20:30

場所:玉川上水まちのデザイン室 (玉川上水駅北側すぐ)

定員:7名 (申し込み多数の場合は先着となります。定員に達しましたら本ページでお伝えします)

申込み方法:以下のフォームにお名前と連絡先をご入力ください
(お手数ですが、スペースに限りがございますので、ご協力ください)
https://forms.gle/ZjvGCPWsedx74JZr8