男女平等参画週間がはじまりました

男女平等参画週間,展示

男女共同参画週間がはじまりました。
男女共同参画は「玉川上水まちのデザイン室」を運営する株式会社シーズプレイスの推進する事業の一つですので、「玉川上水まちのデザイン室」でもちょっとした展示を始めました。

男女共同参画週間てなに?

男女共同参画週間は、内閣府男女平等参画局が推進する取り組みのひとつです。
「男女共同参画社会基本法」の公布・施行日である平成11年6月23日を踏まえ、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」として、全国の男女センターや団体などが様々な取り組みを行っています。

男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するためには 政府や地方公共団体だけでなく、国民のみなさん一人ひとりの取組が必要です。
私たちのまわりの男女のパートナーシップについて、この機会に考えてみませんか?

男女共同参画推進本部は、「男女共同参画社会基本法」の公布・施行日である平成11年6月23日を踏まえ、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」として、様々な取組を通じ、男女共同参画社会基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指しています。

玉川上水まちのデザイン室の取組み

デザイン室ではハラスメントをテーマに掲示しています。

玉川上水まちのデザイン室では、ハラスメントをテーマとして挙げてみました。
近年、パワハラやアルハラ(アルコールハラスメント)など、ハラスメントの問題は次々と取りざたされています。
一方、国会では2020年春施行の見込みとなるパワハラ防止法(職場でのパワーハラスメント防止を義務付ける関連法)、国連では仕事の上でのセクハラ・パワハラを禁じる条約がILOで採択されるなどの動きも行われています。

職場でのパワーハラスメント(パワハラ)防止を義務付ける関連法が29日午前の参院本会議で可決、成立した。これまで明確な定義がなかったパワハラを「職場において行われる優越的な関係を背景とした言動」などと明記。企業に相談窓口の設置など新たに防止措置を義務付ける。2020年春にも施行される見込み…
日本経済新聞電子版 2019年5月29日

国際労働機関(ILO)は20日、職場での暴力やハラスメントを全面的に禁止する初の国際条約を採択した。従業員や就職活動中の学生など幅広い関係者へのセクシュアル・ハラスメント(セクハラ)や嫌がらせを禁じ、政府や雇用主に対策を講じるよう求めた。
日本経済新聞電子版 2019年6月20日

ハラスメントの特徴は、加害者と被害者との間に人格や価値観を無視したパワーバランスがあること。

「相手のためを思って」「指導・しつけと思って」との意見を傘に、一方で被害者が「怖くて言い出せない」「自分にも落ち度があるのでは」と思いを表明できずに、被害が見えづらいことが多くあります。

男女平等参画週間ポスター

そんなわけで「玉川上水まちのデザイン室」では、ハラスメントについて、どうして起こるのか?どうしらよいのか?などを展示しております。

男女共同参画によるハラスメントといえば、マタハラ(マタニティハラスメント)やセクハラ(セクシャルハラスメント)などが有名?ですが、世の中には35種類以上もハラスメントがあるそう!

この展示を通じて、性別の違いからそれらにピンとこない人も、自分も加害者・被害者になりうる様々なハラスメントとその背景を知り、考えるきっかけとなり、ひとりひとりが自分らしく幸せに生きられる世の中になったらいいなと思っています。