11/27(水)『まちのデザイン室夜間部』新時代の子どもたちのために、 今の大人たちの意識をいじくる会

 

『まちのデザイン室夜間部』は、自分らしい方法で「まち」に関わって活動や事業をされている方をお招きし、「どういう想い・考えで、まちで活動しているのか?」を語っていただくとともに、参加者のみなさんと一緒に「まちのこと」について語り合っていきたいと思います

第5回目の語り手さんは、リアルな家事・育児のあれこれをパパに伝え、家族の時間が暖かくなる為のサポートをする、『主夫ラボ』代表の髙木 駿さんです。

高木さんは、立川市にてカフェを5年間経営されていましたが、助産師さんである奥さまとの結婚を機に「夫婦の在り方」を模索した結果、主夫になることを選択し、「昭島市のパパサークル参加」や「こども食堂の立ち上げ」に関わられました。

そして、その後、「助産師の奥さまの経験・知識」と「パパだけで家事・育児を全てこなす主夫の経験・知識」を合わせ、『主夫ラボ』を立ち上げ、「パパ家事導入サポート」「おしゃべりでストレス発散『おしゃべり室』創設」 「育児中の起業・イベント開催サポート」 「サブカルチャー×育児セミナー『育児クエスト』」「昭島市男女共同参画広報誌の編集委員」など、幅広く活動をされていらっしゃいます。

今は時代のターニングポイント。
多様性を受け入れているとともに、既成概念をいじくり、個々が輝く為の「男女・夫婦・親としての在り方」を考えていく必要があります。

まずはご自身とご家族の「オリジナルスタイル」について、笑ってぶっちゃけながらおしゃべりしてみませんか⁇

【イベント詳細】

開催日時:2019年11月27日(水)19:00~20:30

場所:玉川上水まちのデザイン室 (玉川上水駅北側すぐ)

参加費:500円(当日スタッフにお支払いください)

定員:6名 (申し込み多数の場合は先着となります。定員に達しましたら本ページでお伝えします)

申込み方法:以下のフォームにお名前とメールアドレスをご入力ください
https://forms.gle/RYrBigwxhRK8Sb4d8
(お手数ですが、スペースに限りがございますので、ご協力ください。)